適用 範囲   準    備  コンクリート充填  養    生   割  取  り   供試体取扱 


●計画書の作成と事前準備


 工事関係者との打合せ
   ボス試験を実施するにあたり、本試験が円滑に行えるように発注者、設計監理者、現場管理者と試験計画について
    打合せを行い、また、試験方法についてコンクリート工事業者、型枠工事業者等に十分な説明を行い
    協力が得られるようにする。
  打合せ事項
   ① ボス供試体の試験個所と試験数(採取本数)
標準ロット数
対象構造物 ロット数(1検査あたり)
新設コンクリート 150㎥あたり1ロット
供試体数
供試体数 採取位置
1ロットあたり3供試体 打込み高さの中間付近
   ② ボス型枠の取付け、取外し作業
作業分担
せき板の開口部への穴あけ ---- 例:型枠大工
せき板へのボス型枠の取付け ---- 例:型枠大工または土工
ボス型枠への充填性の確認 ---- 例:土工または型枠大工
ボス型枠の取外し ---- 例:土工または工事担当者
試験機関等へのボス供試体運搬 ---- コンクリート試験業者または、運搬業者
ボス型枠取付け位置
採取位置は、コンクリートの打込み計画に基づいて決める。コンクリート打込みを垂直・
水平
(VH)分離工法により床から梁下まで1回で打ち込むときは、問題にはならないが、
打込み方法を水平積層打ち(例えば、
1回の打込み高さを30cm程度、あるいは階高の
1/2
等)や片押しで打ち込みをする場合は、ボス型枠の取り付け位置がコンクリートの
打継ぎ、打足し位置にならないように計画する。

   ③ コンクリート打込み時の確認作業

   ④ 
圧縮強度試験機関




ボス型枠の部品構成
ボス型枠は、直方形の型枠で、型枠上面には、コンクリートの
充填性を確保するための空気抜き孔が、構造体コンクリートと
接する面には、開口が設けられている。
ボス型枠の組立て
ボス型枠の組立てにおいて、特に圧縮強度に影響する
両端面板の平行精度と端面板と側板との直角度

ついては、規格値を十分満足するような矩尺
(かねじゃく)または
下に示すような専用の精度調整器を
使用して組立てる。
ボス型枠組立て時の工具

項  目

精  度

ボス型枠の内寸法と長さ

断面寸法の誤差:公称値の1/200以下
型枠長さの誤差:公称値の1/100以下

両端面板の平面度

断面寸法の0.05%以内、0.02mm以下

両端面と側面との直角度

90°±0.50°

透気性シート

ボス型枠上面の内側には、透気性シートを
貼る。

注意:
透気性シートを貼らないと空気抜き孔
から空気が抜けないで、ボス供試体の上面に
空気溜まり(あばた)が残るので注意する。
 
 ●ボス型枠への剥離剤塗布

ボス型枠の組立て時に、型枠全体に塗装や剥離剤を塗布すると、ボス型枠とコンクリートが付着しにくくなるため型枠の脱型が容易となる。また、ボス供試体の割取り面の精度を確保するために、ボス型枠の組立て時には、成形板及びスリット板の内部面・表面に必ずグリス等を塗布する

 

●せき板への開口準備


せき板への開口の穴あけは、型枠を建て込む
前に行う。
開口寸法は、使用するボス型枠の大きさに
より異なる
開口寸法
 75角供試体 幅 208mm 高さ 110mm
100角供試体 幅 258mm 高さ 135mm
125角供試体 幅 308mm 高さ 165mm
 開口の穴開けには、テンプレートを用いて罫書きを行うと容易に
 行うことができる。罫がいた線の2隅または4隅にドリルで孔をあけ、
 その後、ジグソーまたはのこぎりで罫書き線に沿って切断する。


注意
. 転用した合板や古い合板を、切れの悪いノコギリ等で開口部を
  穴あけすると、
切り口にバリが生じることがあるので注意する。
 
 切りバリが残っているときは取り去る。
. 合板が反るっているもの、曲がっているものは使用しない。

構造体型枠(せき板)の建込み
① ボス型枠の端面板と縦バタとの間隔は30mm以上離す。
  この間隔が
30mm以上ないとボス型枠をせき板に固定するための
  止め金具のネジを回すことができない。

② ボス型枠を取り付けた開口部の上下を補強する。ボス型枠の
  両側の縦バタの間隔が大きくなるとコンクリートの打ち込みに
  よって(側圧)せき板が撓むので注意する。
ボス型枠の取付け

ボス型枠固定時の注意点


せき板に止めジグを固定するときに、ボス型枠を軽く手前に引いてから止めジグを回すと容易に固定することができる


● 取付け後の確認

  1. 上下が逆になっていないかどうか
  2. 側面のパッキンとせき板に隙間が無いか
  3. 止め金具はしっかり付いているか
  4. スリット板のねじ穴はテープ等で塞がっているか
  5. ボス型枠のボルト・ねじは、しっかり締められているか