適用 範囲   準    備  コンクリート充填  養    生   割  取  り   供試体取扱 
● コンクリートの充填

 打込時には、ボス型枠のところで「打ち継ぎ・コールド
 ジョイント」が発生しないよう、打込計画をお願いします

● ボス型枠付近にコンクリートが打ち込まれたら、
 ボス型枠の周りを良く締め固めをし、
 ボス型枠上部にある「空気抜き孔」から、
 モルタルがあふれ出すのを確認してから、
 ボス型枠の前面を軽く木づちで2〜3回
 
叩いて下さい

注:この際、あまり強く叩きますと、ボス型枠が
  変形し、ボス供試体 そのものも変形して
  しまいますので、注意してください。
 
注意※

せき板を脱型する前に、ボス型枠の止めジグが
元の位置に戻っていることを確認する。
止めジグを元に戻さないで、せき板を
脱型するとボス型枠の端面板が
変形し、
使用できなくなるので注意する
コンクリート打継ぎ部にボス型枠が取けられているとボス型枠内に十分充填されないことがあるので注意する。この場合、次のコンクリートが打ち込まれたときに、せき板とボス型枠を軽く叩き、コンクリートの流動性を図る。
分離したコンクリートを打ち込んだり、コンクリート打込み中に雨が降ったり、底盤に漏水が溜まっているときは、モルタルのノロがコンクリートとともに上昇し、透気性シートが目詰まりを起こして上層部にノロが堆積する。