コンクリート用語 読み 対応英語 説明
NDIS 3424 用語
ボス ぼす roken ff pecimens by plitting
ボス型枠 ぼすかたわく BOSS mold ボス供試体を規定の形状及び寸法に成形するための型枠
ボス供試体 ぼすきょうしたい BOSS specimens 構造体コンクリートと同時に打ち込んでボス型枠により一体成形された供試体
ボス強度 ぼすきょうど BOSS strength ボス供試体の圧縮強度
構造体型枠(せき板 こうぞうたいかたわく(せきいた) sheathing 構造体コンクリートを規定の形状及び寸法に成形するための型枠
構造体コンクリート こうぞうたいこんくりーと structure concrete 構造体を構成するコンクリート
割取り わりとり broken ボス供試体の構造体コンクリートからの分離
JASS5及びJIS 用語
コンクリート こんくりーと concrete セメント、水、細骨材、粗骨材、混和材料(必要に応じて加える)を構成材料とし、これらを練混ぜやその他の方法によって、一体化したもの。
フレッシュコンクリート ふれっしゅこんくりーと fresh concrete まだ固まらないコンクリート。
AEコンクリート えーいーこんくりーと air entrained concrete AE剤などを用いて微細空気泡を含ませたコンクリート。
モルタル もるたる mortar セメント、水、細骨材、混和材料(必要に応じて加える)を構成材料とし、これらを練混ぜやその他の方法によって、一体化したもの。
セメントペースト せめんとぺーすと cement paste セメント、水、混和材料(必要に応じて加える)を構成材料とし、これらを練混ぜやその他の方法によって、一体化したもの。
軽量コンクリート けいりょうこんくりーと lightweight concrete 軽量骨材を用いたり、多量の気泡を含ませたりして、単位容積質量を小さくしたコンクリート。
無筋コンクリート むきんこんくりーと plain concrete 鋼材で補強しないコンクリート。
鉄筋コンクリート てきんこんくりーと reinforced concrete 鉄筋で補強したコンクリート。
プレストレストコンクリート ぷれすとれすとこんくりーと prestressed concrete PC鋼材等によりプレストレスが与えられているコンクリート。
セメント せめんと cement 水と反応して硬化する鉱物質の粉末。
ポルトランドセメント ぽるとらんどせめんと portland cement 水硬性カルシウムシリケートを主成分とするクリンカーに適量の石膏を加え、微粉砕して製造されるセメント。
普通ポルトランドセメント ふつうぽるとらんどせめんと ordinary portland cement 一般の用途に用いるポルトランドセメント。
早強ポルトランドセメント そうきょうぽるとらんどせめんと high-early-strength portland cement 特に強度発現が早くなるように調整されたポルトランドセメント。
高炉セメント こうろせめんと portland blast-furnace slag cement 急冷された高炉スラグを混合材として用いた混合セメント。
混和材料 こんわざいりょう admixture コンクリートなどに特別の性質を与えるため、セメント、水、骨材以外で、打ち込み前までに必要に応じて加える材料。
混和材 こんわざい mineral admixture 比較的使用量が多く、それ自体の容積がコンクリート練上がり容積に算入される混和材料。
AE剤 えーいーざい air entraining agent ワーカビリティー及び耐凍害性を向上させるために、コンクリートなどの中に多数の微細独立空気泡を一様に分布させる混和材。
減水剤 げんすいざい water reducing agent 所用スランプを得るのに必要な単位水量を減少させるための混和材。
AE減水剤 えーいーげんすいざい air entraining and water reducing agent AE剤、減水剤両方の効果を兼ね備えた混和材。
高性能AE減水剤 こうせいのうえーいーげんすいざい air entraining and high-range water reducing agent 空気連行性能を持ち、AE減水剤より高い減水性能と良好なスランプ保持性能を有する混和材。
流動化剤 りゅうどうかざい plasticizer 予め練り混ぜられたコンクリートに添加し、まだ固まらないコンクリートの流動性を増大させる混和材。
骨材 こつざい aggregate モルタル又はコンクリートを造る上で、セメント、水と練り混ぜる砂、砕砂、砂利、砕石、スラグ骨材、その他類似の材料。 さいこつざい
細骨材 さいこつざい ine aggregate 10mm網ふるいを全て通り、質量の85%以上が5mm網ふるいを通る骨材。
粗骨材 そこつざい coarse aggregate 質量の85%以上が5mm網ふるいに留まる骨材。
すな sand 自然作用により岩石から出来た細骨材。
砂利 じゃり gravel 自然作用により岩石から出来た粗骨材。
砕砂 さいさ crushed sand クラッシャー等で岩石を粉砕し、人工的に造った細骨材。
砕石 さいせき crushed stone クラッシャー等で岩石を粉砕し、人工的に造った粗骨材。
人工軽量骨材 じんこうけいりょうこつざい artificial light-weight aggregate 頁岩、フライアッシュなどを主原料として製造する人工的軽量骨材。
鉄筋 てっきん reinforcing bar コンクリートを補強するために、コンクリートに埋め込んで用いる棒状鋼材。
丸鋼 まるこう round bar 断面が円形の鉄筋。
異形鉄筋 いけいてっきん deformed bar 表面に突起を有し、コンクリートとの付着をよくした棒状鋼材。
凝結 ぎょうけつ set セメントと水を練り混ぜ、ある時間を経た後、水和反応によって次第に流動性を失い硬くなること。
偽凝結 ぎぎょうけつ false set セメントと水を練り混ぜているとき、又は練り混ぜ終えて間もない時期に、正常な水和反応に因らないで、一時的にこわばり、又は凝結したような状態を示す現象。
硬化 こうか hardening セメントが凝結した後、時間の経過に伴って硬さ及び強さが増進する現象。
水和熱 すいわねつ heat of hydration セメントの水和反応に伴って生じる熱。
吸水率 きゅうすいりつ percentage of absorption 表面乾燥飽水状態の骨材に含まれている全水量の、絶対乾燥状態の骨材質量に対する百分率。
含水率 がんすいりつ percentage of total moisture content 骨材の内部空隙に含まれる水と表面水全量の、絶対乾燥状態の骨材質量に対する百分率。
表乾比重 ひょうかんひじゅう specific gravity in saturated surface_dried condition 表面乾燥飽水状態の骨材質量を、骨材の絶対容積と同量の水の質量で除した値。
絶乾比重 ぜっかんひじゅう specific gravity in oven dried condition 骨材の絶対乾燥状態の質量を、骨材の絶対容積と同量の水の質量で除した値。
単位容積質量 たんいようせきしつりょう unit weight 所定の締め固め条件で容器に満たした骨材の質量を、その容器容積で除した値。
塩化物量 えんかぶつりょう chloride content 細骨材に含まれている塩化物の量。
塩化物イオン量 えんかぶついおんりょう chloride content フレッシュコンクリートに含まれている塩化物イオン(cl-)量。
ワーカビリティー わーかびりてぃー workability コンシステンシーによる作業の難易程度と、均等質のコンクリートができるために必要な材料の分離に抵抗する程度で示されるフレッシュコンクリートの性質。
コンシステンシー こんしすてんしー consistency 変形又は流動に対する抵抗性の程度で表されるフレッシュコンクリートの性質。
スランプ すらんぷ slump フレッシュコンクリートの軟らかさの程度を示す指標。スランプコーンを引き上げた直後に測った頂部からの下がり(cm)で表す。
単位容積質量 たんいようせきしつりょう weight per unit volime フレッシュコンクリートの単位容積当たり質量。
フロー ふろー flow 所定のコーンを用いて試料の直径の広がりや、ロート状容器からの試料の自由流下時間を測定して表示する、フレッシュコンクリート、フレッシュモルタル、フレッシュペーストなどの軟らかさを示す指標の一つ。
ブリーディング ぶりーでぃんぐ bleeding フレッシュコンクリートやフレッシュモルタルにおいて、個体材料の沈降又は分離によって、練り混ぜ水の一部が遊離上昇する現象。
空気量 くうきりょう air content コンクリート中のセメントペースト又はモルタル部分に含まれる空気泡容積の、コンクリート全容積に対する百分率。
エントラップトエア えんとらっぷとえあ entrapped air 混和剤を用いずとも、コンクリート中に自然に含まれる空気泡。
エントレインドエア えんとれいんどえあ entrained air 空気連行作用がある混和剤を用いてコンクリート中に連行させた独立した微細な空気泡。
供試体 きょうしたい test piece 各種試験を行うために所定の形状寸法になるように作成したコンクリート及びモルタルなどの試験用成型品。
キャッピング きゃっぴんぐ capping 供試体に均等な荷重が加わるよう、セメントペーストなど適当な材料を用いて載荷面を平滑に仕上げること。
圧縮強度 あっしゅくきょうど compressive strength 供試体が耐えうる最大圧縮荷重を、圧縮力に垂直な供試体の断面積で除した値。
引張強度 ひっぱりきょうど tensile strength 供試体が耐えうる最大引張荷重を、引張力に垂直な供試体の断面積で除した値。但し、コンクリートの場合は間接的方法を用いる。
曲げ強度 まげきょうど flexural strength 供試体が耐えうる最大曲げモーメントを、供試体の断面係数で除した値。
非破壊試験 ひはかいしけん non-destructive test コンクリートの諸性質を破壊することなく判定する試験。
乾燥収縮 かんそうしゅうしゅく drying shrinkage 硬化したコンクリートが乾燥によって収縮する現象。
耐久性 たいきゅうせい durability 気象作用、科学的浸食作用、機械的摩耗作用、その他の劣化作用に対して長期間耐えられるコンクリートの性質。
中性化 ちゅうせいか carbonation 硬化したコンクリートが、空気中の二酸化炭素の作用を受けて次第にアルカリ性を失ってゆく現象。
凍害 とうがい frost damage 凍結融解作用によってコンクリートにひび割れ、表層剥離、ポップアウトなどの損傷がもたれされること。
初期凍害 しょきとうがい frost damage at early age 凝結硬化初期に受けるコンクリートの凍害。
塩害 えんがい injury from salt コンクリート中の塩化物イオンによって鋼材が腐食し、コンクリートにひび割れ、剥離、剥落などの損傷がもたらされること。
アルカリ骨材反応 あるかりこつざいはんのう alkali-aggregate reaction アルカリとの反応を持つ骨材が、セメント、その他のアルカリ分と反応し、コンクリートに膨張ひび割れ、ポップアウトを生じさせる現象。
水密性 すいみつせい water-tightness コンクリート内部への水の浸入又は透過に対する抵抗性。
透水性 とうすいせい permeability コンクリートの内部を圧力差によって水が移動する場合の移動し易さ。
水セメント比 みずせめんとひ water-cement ratio フレッシュコンクリート又はフレッシュモルタルに含まれるセメントペースト中の水とセメントの質量比。
セメント水比 せめんとみずひ cement-water ratio フレッシュコンクリート又はフレッシュモルタルに含まれるセメントペースト中のセメントと水の質量比。
レイタンス れいたんす laitance コンクリート打ち込み後、ブリージングに伴い、内部の微細な粒子が浮上し、コンクリート表面に形成する脆弱な物質層。
配合 はいごう mix proportion コンクリートを作るときの各材料の使用割合又は使用量。
調合 ちょうごう mix proportion コンクリートを作るときの各材料の使用割合又は使用量。
設計基準強度 せっけいきじゅんきょうど design strength 構造計算において基準とするコンクリートの強度。
配合強度 はいごうきょうど strength for proportioning コンクリートの配合を決める場合に目標とする強度。
調合強度 ちょうごうきょうど strength for proportioning コンクリートの配合を決める場合に目標とする強度。
呼び強度 よびきょうど nominal strength JIS A 5308 に規定するコンクリートの強度区分。
示方配合 しほうはいごう specified mix proportion 所定の品質のコンクリートが得られるように、配合で、仕様書又は責任技術者によって指示されたもの。コンクリートの練り上がり1立方の材料使用量で表す。
計画調合 けいかくちょうごう specified mix proportion 所定の品質のコンクリートが得られるように、配合で、仕様書又は責任技術者によって指示されたもの。コンクリートの練り上がり1立方の材料使用量で表す。
現場配合 げんばはいごう mix proportion at job site 示方配合のコンクリートを得るべく、現場における材料の状態及び計量方法に応じて定めた配合。
現場調合 げんばちょうごう mix proportion at job site 示方配合のコンクリートを得るべく、現場における材料の状態及び計量方法に応じて定めた配合。
単位量 たんいりょう quantity of material per unit volume of concrete コンクリート1立方を造るときに用いる各材料の使用量。
細骨材率 さいこつざいりつ sand-aggregate ratio コンクリート中の全骨材量に対する細骨材量の絶対容積比(百分率表示)。
練混ぜ ねりまぜ mixing コンクリート材料を混ぜ合わせ、均一になるように練ること。
レディーミクストコンクリート れでぃーみくすとこんくりーと ready-mixed concrete 整備されたコンクリート製造設備を持つ工場から、随時購入することが出来るフレッシュコンクリート。
コンクリートポンプ こんくりーとぽんぷ concrete pump フレッシュコンクリートを機械的に押しだし、輸送管を通して送り出す装置。
シュート しゅーと chute フレッシュコンクリートを高所から低所に流し送るための樋状又は管状の用具。
打込み うちこみ placing フレッシュコンクリートを所定の位置に投入し、詰め込むこと。
締固め しめかため compaction 打ち込んだコンクリートを振動させたり、叩いたり、突いたりして空隙を少なくし、密実にすること。
振動機 しんどうき vibrator フレッシュコンクリートに振動を与えて締め固めるための機械。コンクリート棒状振動機、コンクリート型枠振動機がある。
打継ぎ うちつぎ placing concrete in contact with hardened concrete 硬化した状態にあるコンクリートに接して、新たなコンクリートを打ち込むこと。
打継目 うちつぎめ construction joint 打継ぎをおこなった境界部の継目。
コールドジョイント こーるどじょいんと cold joint 先に打ち込んだコンクリートと後から打ち込んだコンクリートとの間の完全に一体化していない継目。
養生 ようじょう curing コンクリートに所定の性能を発揮させるため、打ち込み直後の一定期間、適当な温度と湿度に保つと同時に有害な作用から保護すること。
湿潤養生 しつじゅんようじょう moist curing コンクリートを湿潤状態に保つ養生。
標準養生 ひょうじゅんようじょう standard curing 温度を20±3℃に保った水中又は飽和湿気中でおこなう供試体の養生。
水中養生 すいちゅうようじょう underwater curing コンクリートを水中に浸せきしておこなう養生。
封かん養生 ふうかんようじょう sealed curing コンクリート表面からの水分の出入りが無い状態に保っておこなう供試体の養生。
現場水中養生 げんばすいちゅうようじょう underwater curing at job site 現場において水温が気温の変化に追従する水中でおこなう供試体の養生。
現場封かん養生 げんばふうかんようじょう sealed curing at job site 現場においてコンクリート温度が気温の変化に追従し、且つ、コンクリート表面からの水の出入りが無い状態に保っておこなう供試体の養生。
型枠 かたわく form 打ち込まれたコンクリートを所定の形状や寸法に保ち、コンクリートが適当な強度に達するまで支持する仮設構造物の総称。
せき板 せきいた sheathing 型枠の一部で、コンクリートに直接接する板類。
支保工 しほこう support 型枠の一部でせき板を所定の位置に固定するための仮設構造物。