Topics
 
 
                                                       
 
構造体コンクリートの強度を直接試験!

現在、地球環境問題や資源の有効活用の面から、コンクリート構造物の高品質・長寿命化が強く求められております。
また、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品管法)」の施行を機に、戸建て住宅基礎コンクリートの
品質・強度の確保に高い関心が向けられ、より信頼性・安全性等が求められております。

これまで、構造体コンクリート強度の確認手法については、構造物から採取した円柱状の供試体(コア供試体)や、
別途成形した供試体で強度の確認を行ってきたが、様々な課題があった。

しかし、ボス試験はコンクリート打込み時に凸部状のボス型枠をつけ構造物のコンクリートと一体成形される、
これまでに無い新しい試験方法です。

ボス試験は、構造体コンクリートの強度を

構造体に優しく、簡便かつ迅速に

検査します。

※ボス試験は、日本規格協会
「JIS A 1163 
:2020」 
「ボス供試体の作成方法及び圧縮強度試験方法」に準拠して行われます


 ※微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定要領に関連する共通仕様書・技術情報

国土交通省 土木工事共通仕様書・施工管理基準

「微破壊・非破壊試験によるコンクリート構造物の強度測定要領(解説)」について


このページをごらん頂くには、下記のものが必要となります ボス試験品質管理推進グループ  
Adobe Reade 当サイトについて